世田谷公園から徒歩5分、アットホームな動物病院です

2011年02月25日

STOP温暖化!今年もアースアワーに参加!





アースアワー


今年も EARTH HOUR(アースアワー)が行なわれます手(パー)


EARTH HOUR(アースアワー)とは、世界的な温暖化防止のイベントです 夜→OFF

そして、誰もが自宅でも参加できる温暖化に対する意思表明をする場でもあります目


一人の意思は小さく思えても、これが集まっていくと膨大なエネルギーに変わっていきます手(グー)日本国内での認知度はまだ低いのですが、第4回目となった昨年は、世界128カ国 4616もの都市が参加し、数億人もの人々がこの惑星の温暖化を止めることを誓うために電気を消し、EARTH HOUR2010 は世界最大の温暖化防止のイベントになりました演劇

◎パリのエッフェル塔
◎ギリシャのパルテノン神殿
◎エジプトのギザのピラミッド
◎北京の鳥の巣
◎シンガポールのマーライオン
◎ニューヨークのエンパイアステートビル
◎サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジ
◎カナダのCNタワー
◎ブラジルのキリスト像
◎シドニーのオペラハウス
◎日本でも東京タワーや広島の原爆ドームなどでも




では、具体的にどんなことをすればいいのか??

それほど難しいことではありません。

「3月26日(土)の午後8時30分〜9時30分までの60分間、明かりを消して過ごす」 それだけでよいのです手(チョキ)

これは世界中の人が地球温暖化防止への想いを共有し、形に示すことが目的です。


また、WWFが主催するコチラのホームページから参加することで、より世界の中の一員として意思を示していると感じられるかと思います。↓↓↓クリック



そして、私たちは地球温暖化がもたらす影響を今一度考える必要があります。

世界中で、もちろん日本でも政府が、そして企業が二酸化炭素などの温室効果ガスの排出を抑える取り組みは見られます。しかしながら、個人各々のそれらに対する認識はかなり低いのではないかと思われますふらふら将来の地球のことを考えるのならば、もっともっと真剣に個々の意識が変わらなければ世界は変わらないのではないかと思います。


皆さん、是非アースアワーに参加しましょう!!





posted by フォレスタ at 17:10| 東京 ☀| コラム〜NO ANIMAL , NO LIFE〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

忠犬ハチ公もフィラリア症だった!





渋谷駅前の銅像でも有名な「忠犬ハチ公」、実はフィラリア症だったのです!!

 

解剖によれば、心臓にたくさんのフィラリア成虫が寄生して、フィラリア症の典型的な症状である「腹水」「肝硬変」もあったようです。これはフィラリア症でもかなり深刻な状態であったことでしょう。目

死因がフィラリア症とする説もあるのですが、実は解剖の結果...胃の中から刺さったであろう焼き鳥の串が4本ほど見つかっているのですどんっ(衝撃)

おそらくフィラリア症もかなり進んだ良くない状態のなか、不運にも竹串により腹膜炎などで亡くなったのでしょうか。
 

フィラリア症は、今でさえ予防が当たり前になったことで激減しましたが、一昔前ではフィラリア症にかかる犬はとても多かったのです。 
とはいっても現在でもまだまだみられますし、関東でも郊外では現在でもかなりの数のフィラリア症になってしまうワンちゃんがいて、致命傷になることが多いのも事実です。
 


皆さん、フィラリア症はとても怖い病気であるということを再認識してください。ひらめきひらめき
 


そして1ヶ月に1度の内服で簡単にフィラリア症から守れることを忘れず、確実に予防をして安心のペットライフを送ってくださいね。
 


ちなみに、「渋谷駅前の銅像、忠犬ハチ公」と、「上野にある銅像の西郷さんの犬」、なんとなく(有名な犬というつながりで)同じような感じの犬、と思う人もいるかもしれませんよね(そんなことはないですかねがく〜(落胆した顔)...)。
2匹の違いを調べてみました。

 
「ハチ公」の犬種は「秋田犬」で意外に大きな犬です。上野の国立科学博物館に行くと、「ハチ公」の剥製が見られます。
ちなみに、先ほどのフィラリア症に感染していた「ハチ公」の心臓は、東京大学農学部の農学部資料館に保管されていて、平日昼間であれば誰でも見られるようです。興味ある方は、是非!!
 

そして、上野の西郷さんの愛犬は「薩摩犬」という犬種(狩猟犬)で、ハチ公よりも随分小さいです。 あまり知られてませんが、名前は「ツン」 という、変わった名前であの銅像は、西郷さんと一緒にウサギ狩りに行くところらしいです。。 

「ハチ公と」はなんとなく時代が随分違いますね。
 
「ハチ公」が亡くなったのは、1935年3月(享年11歳)で、時代は昭和。 一方、明治維新で活躍した西郷隆盛の時代は1868年前後ですから、2つほど時代が違うのですね。
 
 
雑学っぽくなりましたが、もう1つだけ...
 
 
 
西郷隆盛さんは、実は...フィラリア症だったんです。 
 
これは人だけに感染するフィラリアで、日本ではおそらく今ではみられなくなった病気ですが、海外では現在でもとても多くの方が蚊に刺され、この病気を患っています。(犬のフィラリア症とは症状など異なります)日本に住んでいると、なじみがない分、あまり知られていませんが、海外には人に感染するフィラリア症もあり、かつては日本にも存在し、西郷さんもフィラリア症だったのです。
 
 犬が感染するフィラリア症は正式には「犬糸状虫症」といい、人には感染しませんので、安心してください。
 
ただし、一部の海外に行かれる方は、必要な知識かもしれません。。。(大学時代にアフリカに行ったのですが、黄熱病やマラリアの予防はもちろんしてましたが、蚊の集まる川とかプールとかは気をつけたほうがいいと言われましたがく〜(落胆した顔)



人もペットも、時代とともに医療が進み、人々の病気とその予防の意識が明らかに変わりました。その結果、ペットの寿命も昔より延びています。


せっかく予防できる病気と解っていながらも、(ウチのコに限って大丈夫だろうと思って予防をせず)感染してしまってからでは取り返しがつかないこともあります。
確実に減ってきているフィラリア症、しかしながら一部ではその病気で一命をおとしています。



クドいようですが皆さん、フィラリア予防をして安心したペットライフを過ごしてくださいねぴかぴか(新しい)





posted by フォレスタ at 11:26| 東京 🌁| コラム〜NO ANIMAL , NO LIFE〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

春、サクラ咲く!?





最近の天気は、変わりやすく気温も安定しないですね。


1日で10℃近くも気温が変化したり、、、この時期体調管理にも注意が必要です。温度が低い・高いということよりも、温度差で体調を崩すケースがみられるのは人だけではなくペットも同じことです。


早く春が来ないか・・・と春の訪れを待っている人は多いと思います。

今年はエルニーニョ現象の影響で平年よりも春の訪れが早く、暖かいとも聞いていますが早く暖かくなるのは嬉しいことですが、(エルニーニョ現象は地球温暖化が関連しているとも言われていますので) 地球規模で気候が変わってきているのは気になるところですよね。。。


病院の待合室にあるオリーブに新芽が続々と出てきています。


実は1ヶ月半ほど前にそれまで元気だったオリーブが、数日で枝も葉もパリパリになり葉っぱ3枚を残し枯れてしまいました。おそらく根ぐされなどが原因ではないかと考えているのですが、、、。
その後、土も新たに変えていたのですが、最近になってみるみる芽が現れました。2メートル近くまであった枝(幹)は今は1.5メートルくらいになっていますが、新芽は確実に生まれています!

これも春の息吹なのでしょうか?ぴかぴか(新しい)


DSCF1777.JPG

生命ってスゴイですね!!




そして春を待ちきれず、病院のガラス面のロゴマークに一足早くサクラが咲きました!!(咲かせました)ぴかぴか(新しい)


DSCF1774.JPG

わかりますか??このアングルちょっと分かりずらいですね・・・



サクラの咲く季節が待ち遠しいです。。





posted by フォレスタ at 21:29| 東京 ☀| コラム〜NO ANIMAL , NO LIFE〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

地球温暖化を考え「スイッチオフ!」






「EARTH HOUR(アースアワー)」 というイベントをご存知でしょうか?

世界中の人々が同じ日・同じ時刻に電気を消すことで「地球温暖化を止めたい!」という意思を示すイベントです目

3月27日(土)の午後8:00から9:30まで、世界各国の現地時間で行われます時計
時差により東から順に、消灯が皆さんの思いを乗せて地球を一周ぐるりとめぐります。


地球温暖化により様々な変化がこの地球に起こっています。


温暖化においつめられる生き物のために

異常現象や海面上昇におびえる人々のために

緑の地球と、すべての子供達のために



この地球で生きる私達一人一人が考えていくべき課題であり、このようなイベントなどは、そうした意識を持つ思いが集まることで世界中に大きな思い・願いが広がっていくのではないでしょうか?

とても簡単なことです。電気を消すことが(思いを示す)参加をすること。


Earth Hour2009では、88カ国、10億人が参加し、約1000ものモニュメントで明かりが消されました。

◎パリのエッフェル塔
◎ギリシャのパルテノン神殿
◎エジプトのギザのピラミッド
◎北京の鳥の巣
◎シンガポールのマーライオン
◎ニューヨークのエンパイアステートビル
◎サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジ
◎カナダのCNタワー
◎ブラジルのキリスト像
◎シドニーのオペラハウス
◎日本でも東京タワーや広島の原爆ドームなどでも


是非みなさん、参加して世界を見つめてください。


個々にご自宅で照明を消すことで参加するのもいいと思いますし、WEBサイトがありますから、チェックすることでより世界とつながりが感じれるかもしれません。 

 是非参加を!詳しくはこちら 










posted by フォレスタ at 21:58| 東京 ☀| コラム〜NO ANIMAL , NO LIFE〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

スズメの旅立ち



ここ4日間の回復力には目を見張るものがあり、左肢に関しては、握力は通常の8割くらいまで回復し、滑りやすい場所やちょっとした隙間にも問題なく適応するようになりました。

飛行力も3、4メートルほどの距離を障害物をよけながら飛ぶほどになりました。


リハビリ後、カゴに戻ったばかりでかなり興奮気味です。左肢の調子はなかなか...



ここまでくればスズメの調子に加え、あとは天候次第です。

現在は梅雨期のため、ここ最近は特に不安定な天気が続いていました。

しかし本日は久しぶり に晴れ、予報によれば明後日まで晴れるようなのでこのチャンスを逃せ ないと考え、本日、野に放つことになりました!!

公園内の、どこがいいか... 止まれるような枝の多い木と、エサのある場所、カラスや人から隠れることもできる場所は....
 
 考えた末、公園内の高台から裏の斜面にかけてのあたりに決めました。木も枝も多く仲間のスズメもいるような場所です。

そして、餞(はなむけ)のミルワームを食べたあと、鳥かごごと病院から世田谷公園へ。

DSCF1532.JPG

旅立ちに際し、天気に恵まれました。

DSCF1533.JPG

「ちょっと寂しいけどいよいよだね...元気にやれよ!」



いよいよ、感動の瞬間になるか... いつもこの瞬間は緊張します。うまく飛べなかったり、ぶつかってしまわないか。。。
 
 鳥かごの入り口を開けた瞬間、(補助なしに)自分から勢いよく飛んで上の方の枝に止まりました!!


DSCF1534.JPG



感動とともに、いつもながらとてもあっけないものです。

DSCF1536.JPG



院内でのリハビリの時と比べ、野生的な側面をとても感じる一瞬です。しばらく目の届く枝にいたものの、さらに上の葉の中にまぎれ、わからなくとけ込んでいきました。


DSCF1537.JPG


とりあえず、病院で手伝えるのはここまでで、あとはスズメの生命力にかけるだけです。

少なくとも明日までは雨が降らないように祈っています。。。


DSCF1539.JPG
posted by フォレスタ at 21:59| 東京 ☀| コラム〜NO ANIMAL , NO LIFE〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。